未分類

パレットトークン怪しい?懸念点まとめ「coinchckは信頼できる」「hashpalletが実績なさすぎて心配」

パレットトークンが怪しい?
と思う人は少なくはないでしょう。正常な感覚だと思います。

実際、パレットトークンのIEOの前身である、ICOは企業が開催し、海外業者の中には詐欺まがいのものも存在したため
ICOは詐欺だ!と叫ぶ人はいますが、正確に言うと
ICOのうちうまくいったのが5%くらい?
ICOのうち、大暴落したのが90%くらい?
ICOのうち、詐欺だったのが5%くらい?
(数字は筆者の適当な感覚...ですが20個くらい投資して海外のICO比較サイトを毎日眺めていた時期が..)
という感じでしょう。

IEOは、企業ではなく「取引所」主催となりますので、取引所の信用がかかっているので
信頼のない企業やビジネスモデルのものは扱わない分、「詐欺ではない」可能性は99.9%と言えるでしょう。

懸念点についてまとめていきます。

パレットトークン怪しい?懸念点まとめ

パレットトークン怪しい?懸念点ということで、
投資であればなんでもそうですが、「怪しい」「疑い」をもってやるのは大事なことです。

IPO(未公開株)の詳しい人が必ず言うのが
「会社幹部だけが得することが多い」ということ。

素晴らしビジョンだけ掲げてお金集めて、幹部がお金持ちになって
事業は「すみませんでした!」で撤収。

こんなのよくあるとのこと。今回私が出資しようとしているパレットトークンが
「幹部がお金持ちになればOK」のものなのか
幹部の人が、10年後20年後の日本をよくしようとしてやっているのかどうか、そこを見極めるのは非常に大事です。

そうよねえ...。私も小さい人間だから、自分が1億円儲かったらもう働かなくていいじゃんってなって、仕事頑張らない小物だな。。。そんな人の方が絶対多いよね。

本当に社会的に価値をもたらそうと心から思ってやっている人をいかに見抜くかということが大事です。

まずはいいところよりも悪いというか、疑念点から攻めて、懸念点か考察していきましょう。

要素を3つに分けました。

まず関わる企業から

パレットトークンの企業

coincheck

まず主催者はご存知「coincheck」
coincheckと言えば、XEM事件が印象強いことでしょう。
かなり叩かれましたが、全員分を補償し、マネックスが36億円で買収したかたちで収束しました。

今から冷静に考えると36億円ってかなり安いな!マネックスはいい買い物と言えるね
480億は保証できる、とサラっと言われた時の世間の衝撃度、忘れられない。上場してない会社だよ。どんだけ儲かってたんやってね。

coinchekは2020年10月段階においても、googleで「仮想通貨 取引所 ランキング」といったワードで検索すると
たいてい「1位」になっています。
サーバーや、使いやすさ、信頼性から総合的に見ると1位とおすすめするところが多いです。

zaifのサーバーの弱さは「これ大丈夫なの?」レベルだったよね。

ただ、もう少し現在の状況を知るべく具体的な数字を見ていきましょう。

最新24H取引高を見てみました。

参考:https://www.coingecko.com/ja/%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E6%89%80

1位はもちろんバイナンス。
日本のを順位にすると
30位:ビットフライヤー $71,121,093
39位:コインチェック  $35,917,410
46位:ビットバンク $27,785,062
59位:zaif $9,770,036
70位:GMOジャパン $5,734,150

しかし、訪問数の順位は逆に近く
Zaif
GMOジャパン
コインチェック
ビットフライヤー
ビットバンク
の順。

恐らくビットフライヤーはFXトレードがかなり活発で1人あたりの取引量が多いのかと思います。

とりあえずcoincheckはバランス的に良くて評価されてるのね。
マネックスもかなり大きな会社で社会的責任は重いから、ここは信用できるのは確か

株式会社Hashpalette

そして聞いたことあるようなないような「株式会社Hashpalette」について調べました。
wikipediaは2020年10月時点で存在しませんでした。

基本データは以下
■ 会社概要
株式会社Hashpalette
・株式会社Link-U(本社:東京都千代田区、 代表取締役:松原 裕樹)と、株式会社HashPort(本社:東京都港区、代表取締役社長 吉田世博)による合弁会社
本社所在地:東京都港区南青山五丁目17番2号

設立   :2020年3月2日

資本金  :2,000万円

出資比率 :Link-U 50%、 HashPort 50%
事業内容
・ブロックチェーン技術の研究開発

・ブロックチェーンを利用したコンテンツ事業

・コンテンツ領域におけるコンサルティング

・「ノンファンジブルトークン(NFT)」を使ったクラウドファンディングプラットフォーム「コミカブ(Comikabu)」のベータ版の提供を2020年5月中旬に開始

【株式会社Link-U】
代表取締役:松原 裕樹
本社所在地:東京都千代田区神田駿河台四丁目4番1号 4F
設立   :2013年8月20日
資本金  :4億6,968万円(2020年1月末時点)
URL   : https://www.link-u.co.jp/
事業内容 :サーバープラットフォーム事業、 アプリケーション開発、 サービス/広告運用

<【株式会社HashPort】

代表取締役:吉田 世博
本社所在地:東京都港区北青山2-7-13 プラセオ青山ビル3F
設立   :2018年7月13日
資本金  :4,900万円(資本準備金含む)
URL   : https://hashport.io/

事業内容 :コンサルティング事業

これを見て、コミカブのアクセス数分析もしてみましたところ、「分析するデータが極端に少ないか、ありません」で
月間5000PV以下と言えます。

この辺は心配。

・コミカブは全然人気が今のところない(筆者判断)
HP:https://comikabu.com/
twitter:https://twitter.com/comikabu

コミカブ発想はいいけど、ツイッターにもフォロワーも91人しかいなくて、私の方が多いやんけ!でちょっとどうなの?って感じでやんす。コンサルティング事業って先入観では怪しいなあ

コミカブが全然盛り上がってないのを見ると、コロナ禍で需要があるはずなのにマーケティングをしっかりしてないのを見ると
集客能力に疑問はあります。

ただ、coincheckが信頼できるのは確かで、そのcoincheckが信頼した会社であるというのは確かです。

ここをあなたはどう判断しますか??

まとめ

いかがでしょうか?

怪しい・引っ掛かる点としては
株式会社hashpalletのコミカブのツイッターフォロワー91人(2020年11月時点)で
なんだかあまり売れてなさそうな点。

しかし、その会社を信用してIEOする、信頼できるcoincheck。
どちらにせよ、この将来性を見越して投資するかしないか判断していきましょう。

5月に開設してフォロワー91人ってどうなんやろね。
しかし、coincheckはここを信頼できると思ってやっているわけだし。どうしよー

-未分類

Copyright© パレットトークン購入方法とその結果 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.